採用・福利厚生

教育体系

新入社員導入教育

新入社員として入社後、約1ヵ月間の集合教育を行います。
学生から社会人へ気持ちを切り替え、自動車産業に携わるうえで必要となる知識やマインドセットを身につけていきます。

階層別教育

社員の入社年数や経験に合わせて必要な科目を計画的に受講するることで、個々のスキルアップを目指します。

幹部社員部門経営者研修経営戦略革新能力をつける
新任管理職研修部下育成・安全情報・品質情報について理解する
中堅社員安全教育2・3監督者向けコンプライアンス重視の安全教育
品質教育2・3顧客志向かつコンプライアンス重視の安全教育
マネジメント研修部下育成・安全情報・品質情報について理解する
財務教育財務諸表を理解し経営分析力をつける
新入社員安全教育1職場の安全の基礎知識をつける
品質1製品・業務の品質について理解する
導入教育社会人の基礎を身につける

選抜教育

各職場から選抜されたメンバーが実際の業務課題を題材にして意見を交換しながら講義を進めていくことで、知識の習得だけでなく実践的な課題解決力等の修得を目指しています。

グローバル人財の育成

当社の製品・技術を世界中のお客様にご提案できる人財を育成するため、海外研修やオンライン英会話を取り入れています。

1.海外研修

短期間での語学習得を目指し、語学留学生として海外の語学学校へ社員を派遣しています。
帰国後は海外の新規ビジネスにおける交渉やお客様への対応に語学を役立てています。

2.オンライン英会話

自己啓発の一環として全社員対象に、いつでもどこでも受講できるオンライン英会話の受講を推進しています。

産学連携の技術研究

原理・原則に基づき、論理的に技術課題に取り組める人財を育成することを目的に、大学などの研究機関と共同して研究を行っています。

工業技術研修

社外の研修機関に工業技術研修生を派遣してます。
研修生は2年間のカリキュラムの中で電気・情報工学などの専門知識はもちろん、品質・工程・原価管理や安全衛生などなど幅広い知識の習得を目指します。
また、一般教養やチームワーク研修を通じて社会人としてのバランス感覚やコミュニケーション能力を養います。

自主研究会活動(KPS活動)

キーレックス独自の生産方式『KPS - KEYLEX Production System』の考え方を通じて職場改善に取り組む活動を行っています。
これによって“ものづくりの革新を通す人財” “常に自らが気づき、考え、行動する人財”の育成を図っています。
自主研のメンバーは各職場から選ばれ、1つのテーマに対する問題・課題に取り組みます。